インフレ対策としてアリババ株への投資を実行

日本では3年前からのデフレ脱却に向けた政策として、大規模な金融緩和政策を継続してきています。また、今年からはマイナス金利を新たに導入したことで、将来的には何らかのバブルが発生する可能性が高まってきていると感じます。将来、何らかのバブルが発生すると大幅なインフレが起こってくることが予想されます。インフレ経済になると預金などの安全資産は、実質的には目減りをすることになってきます。したがって、現在は安全資産からリスク資産へ移す必要性が高まっていると考えます。リスク資産としては株式がインフレ対応の金融商品として注目できます。株式へ投資をしておくと、インフレが起こっても株価も上昇するために資産を守ることが可能となるからです。株式の対象企業としては、企業の規模が大きく、業績が拡大していくところが望ましいです。そのような企業としてはアリババが挙げられます。アリババは世界で最も取扱高の大きい企業となっています。今後も中国のネット通販の利用額は増えていく傾向にあるため、企業の業績は拡大していく可能性が高いです。また、アリババでは近年ではネット通販以外の事業にも、積極的に進出をする状況が出ています。さらに中国以外の海外の国へも事業を拡大していく流れも起こっています。そうした流れがあるためにアリババの株式を購入しておけば、将来のインフレが進行しても資産を防衛することができると考えます。むしろ、今後のアリババの海外事業が拡大していくようであれば、将来的に株価が何倍にもなることもあり得ます。なお、アリババは中国企業ですが、アメリカに上場をしています。そのため、アリババ株に投資をするには、アメリカの株式市場企業の株式の売買ができる証券会社で注文をする必要が出てきます。

年初に狙いの投資について

最近の株式市場においても為替市場においても、非常に多くの市場においては現在の動向は非常に大きな動きになっています。さらには、現在のサラリーマンにおいては現在の企業からのお給料だけでは非常に苦しい状況になっているばかりではなく、現在の企業で正社員として働くことができる状況であれば毎年2回のボーナスが出てきたり、さらには福利厚生として年金を上乗せする制度があったり、さらには退職金制度があったり、スポーツ施設や映画館など様々な施設を利用することができたりとまだ良いのですが、正社員でなく派遣社員のような人たちにとっては現在の労働環境においては手取りはどんどんと少なくなってきているため、お給料だけではやっていけないような状況が続いています。このような状況にあるため、現在では投資を始める人が非常に増えてきている傾向にあります。ここで、現在の投資の動きについて特に特徴的な動きをする時期があり、それが年初になります。特に特徴的な動きをする場合にはその方向に向かって資金を投入することで勝率が上がってくるためとてもチャンスとなっています。よく言われているのが年初においてはご祝儀相場となってくるため、ロングのポジションを保有しておくことで利益をあげられるといった狙い安いポイントとなってきます。このため、現在の株式市場においても為替市場においても年初は株式であればロングや現物買いの保有が狙い目であり、為替市場においては円安に進む可能性が高くなっているため、円売りドル買いが非常に狙いめとなってきます。このように市場の特徴をしっかりと見極めて投資していくことでより多くの利益を得るチャンスが生まれてきます。